若狭塗箸をはじめとして、
お箸にまつわるいろんな話を
紹介します。
 平成の現在、日本の食卓はじつにバラエティに富んでいます。和・洋・中の料理だけでなく、使われる食器や調理道具まで多彩 なデザインティストにあふれています。お箸もまた、人のライフスタイルやTPOに応じて選ばれる時代になりました。若狭塗の伝統を守りつつ、時代が求めるお箸づくりを追求する若狭塗箸の『今』をご紹介しましょう。

どんな食材や料理にも使いやすいすべらないお箸
先端の滑り止め加工
持ち手の滑り止め
 先端にはすべりにくい加工を施したもの、持ち手には凸 凹をつけたり異素材を巻いたりと、すべらず持ちやすい工夫をしています。
先端が角の箸
 小さなものやすべりやすい食べ物も、面 でとらえることができるので、よりつまみやすくなりました。

テーブルコーディネイトの決め手 デザイン箸
パステルカラーのお箸
カントリー調のお箸
淡いパステルカラーはお箸の世界でも人気。
カジュアルなカントリー調のお箸も登場して、
洋のコーディネイトにも合わせやすくなりました。

斬新なアイデアが光るこだわり箸
異素材との組み合わせ
糸を巻いたり、布を貼ったり、
異素材を組み合わせるという
斬新な発想力はまさに、
先人より受け継いだもの。
これまでとは違う新しい感性の
お箸を提案しています。
都会的なデザインティスト