若狭塗箸をはじめとして、
お箸にまつわるいろんな話を
紹介します。

優美な伝統の技を受け継いだ若狭のお箸
 若狭塗箸の特長はなんといっても、貝殻や卵殻を色とりどりの色漆で塗重ねること。十数回も塗重ねられた漆の層を丹念に研ぎ出し磨き上げることで、まさしく美しい海底の様が浮かび上がります。1597年三十郎が考え出したこの技法は前代未聞。当時の人をどれだけ感嘆させたことでしょう。三十郎のしなやかな発想力と技は、21世紀を迎えた今もしっかり受け継がれています。

原 木
主に古代若狭塗の場合は孟宗竹、その他にも桜、シタン、タガヤサン等が用いられます。

野 積
切り出した竹を加工前に野外に積んでおくことです。


荒切り
まず、竹の節を取り除き(荒切り)、次に棒状に切断(小割り)。それをさらに刃物で頭を太く、先を細く削ることで、箸の素地が完成します。
小割り
仕上げ削り

塗り下地
漆が竹に吸い込まれないよう、にかわ(動物の油)を素地に塗ります。

模様付け
あわび貝、卵殻、松葉等で模様を付けます。

角取り
漆の乗りをよくするため、まず、模様付け部分を平らにし、全体を滑らかにするため、さらに研ぎを加えます。
空研ぎ

合塗り
箔下に色彩 を出すため、
青、赤、黄等の色を
塗り重ねます。

箔巻き
金箔等を巻き、はがれないよう、透け漆を塗ります。
箔押え
角押え

塗り込み
色漆で6〜7回
塗り重ねます。

石研ぎ
砥石で研いで模様を出します。この時の力加減が微妙な美しさを創り出すので、1本として同じ物はできません。

艶塗り
肌のザラつきをなくし艶が出るよう、漆をさらに擦り込みます。

炭研ぎ
箔のはがれ防止、艶出しに加え、肌を細くするため粉状の炭で研ぎます。

磨 き
さらに艶を出すため
砥の粉・角粉を
手に付けて磨きます。

製 品